クラウン Type96seniorのカスタム

2019年4月4日 3 投稿者: KAZZ

今回も依頼品のカスタムです

分解行程と、そのまま加工内容もまとめていきます

 

ノーマル時の状態チェック

ホップが弱く、重量弾が使えない
ホップゼロで0.6j、ホップを強くすると0.3jくらいに遅くなる

音は大きい

集弾性は分かたないが、悪くはないと思う

 

ストック前方のねじを2本外す
銃身をストックから外す
トリガー周りが引っかかるけど、ずらしながら持ち上げると抜ける

ちなみにフレームとか、レシーバーとか全部ぷら

セットピンを抜いてシリンダーを抜く

アウターバレルを回して(正ネジ)外す
インナーバレルも引っ張ると抜ける

プラスのねじを外してキャップ?を取る
キャップの下にストックを固定していたナットが入っているのでなくさないようにとっておく

セーフティ、レシーバー横、シリンダーのとこのねじを外しておく
もしかしたらセーフティは外さなくてもいいかも

奥まった位置にあるねじを二つ外す

フレームを広げながら中身を抜く
シリンダーレシーバー、チャンバー蓋、チャンバーの順で外れる

ホップ機構は独特
小さなパーツがあるのでなくさないように
このボール?の大きさを変えたり、円柱の長さを変えるとホップの強さが簡単に変えられる

 

次はシリンダーの分解

前からは外せないので、後ろから外す

ネジの周りのキャップ?を削る(自分はカッターで削いだ)
ペンチでネジをつかんで回す

この順番で入ってる

 

カッターの跡はひどいので、やすりで綺麗に削っておく

同じサイズのネジを用意
これで簡単にシリンダーが分解できる

ピンが2本刺さっているので奥に2㎜くらい押し込む
ピンが抜ければスポッと抜けちゃうので、レンチとかで急に抜けないようにおさえておくとよい
押し込むのは六角とか割りばしとかがいい

シリンダーの中はこんな感じ
ちなみにオイルもグリスも全くない、、、

組み立てる時はグリスを塗う

マズルは14㎜逆ネジがついている
マズルキャップキャップは逆ネジで外れるが、
マズルキャップはどう頑張っても外れなかった

 

トリガーボックスの中身はシンプル
サイドのねじを取ればぱかっと開く

ちなみにノンオイル、ノングリス

セーフティを取り付けておく
もとに戻すとき、一応グリスアップをしておく

これで全分解終了したので、パーツを並べてみた。

インナーバレルはすでに手を出してた、、、

 

 

ここから加工していく

インナーバレルは140㎜カット
テーパー入れて、バリ取り、花坂爺さんで研磨

先端付近と中心部(アウターバレルの穴がある位置)にバレルカラー?を固定する
アウターバレルの内径にきっちり合わせるようにテープ等で微調整もする

サプを作って、インナーバレルの先端に取り付ける(写真は少し前の全パーツ写真を、)

 

シリンダーエンドはピンを芋ネジに変えるため、M5のねじ切りをしておく

芋ネジはM5×8㎜くらいがよかったけど、なかったので10㎜を買って2㎜削った

シリンダーボディのほうは4㎜の穴か開いてるので4.5㎜に拡張

シリンダーエンドに芋ネジを刺した状態でシリンダーに差し込み
外側に開くようにシリンダーに内側から固定する

 

 

スプリングにスペーサーを追加
ピストンにウエイト
ピストンヘッドを富士山型に成型

グリスが全く塗られていないのでグリスアップ

 

いろいろいじって最終的に

スペーサーは13㎜
ピストンウエイトは48g

初速は0.28で82~83

最速は83.2m/sを記録

 

音は気密の悪いVSRくらいまでは下げることができたが、ピストンの打撃音を消すことができなかったのでいつものVSRと比べると大きく感じる

といってもノーマルのVSRプロスナよりは小さい

 

 

試射結果

悪くない

ぬめっとしたうちあじ

精度は普段のVSRよりは劣るがその辺の銃よりはいい